· 

Worldskills KAZAN 2019報告③

Worldskills KAZAN 2019も終盤です。

競技が終了し、選手達は他国の選手と健闘を称え合い、お土産などを交換しながら交流します。

競技中の緊張感から解放され、リラックスした表情に笑みがこぼれます。



最後は、選手、エキスパート、ロボットと一緒に記念撮影です。


閉会式、そして注目の結果発表です。

移動式ロボット日本チームは惜しくもメダルを逃しましたが、敢闘賞(4位)でした。金メダルが中国、銀メダルが韓国、銅メダルが地元ロシアでした。

Studicaのフランク社長もプレゼンターを務めました。(写真右、左から4人目)


日本は、産業機械組み立て(写真上)と情報ネットワーク施工(写真右)の二種目で金メダルを受賞しました。


Studicaのフランク社長は、表彰式のプレゼンターを務めました。(写真左、左から5人目)

また、閉会式ではプーチン大統領からのメッセージも!!でも、お姿を拝見することはできませんでした。

 

花火も打ちあがり、盛大なフィナーレでした。次回は2年後の2021年 中国・上海で開催されます。

アジア各国や新興国が目覚ましい発展をしていますが、久しぶりのアジア開催ですので、日本の技術力、底力を発揮したいですね。

当社もお役に立てるよう、益々頑張りたいと思います。